fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

文明の十字路でパニック ウズベキスタン旅行 5日目 夕食編

皆さんの中に、ウズベキスタンを訪れたことのある方はいらっしゃいますか

ウズベキスタン料理は結構オイリーでヘビーでした。

ウズベキスタンに来てからほとんど何も口にしていない夫にはちょっときついなと感じていました。

もう少しあっさりとしたもの、和食系はないのかと検索したところ、1軒良さ気なお店を見つけましたよ

ふる里」と言うお店で、日本人のシェフがいらっしゃるお店のようだったので、期待が高まります。

早速予約をしてみました。

DSC_4667.jpg

外観も和な雰囲気でした。

そして、店内も和な雰囲気。

DSC_4678.jpg

カタールにはない感じのお店です。

入店すると、やはり日本人のシェフがいらっしゃいました。

DSC_4668.jpg

私は、Bavarian Beer Lagerと言う現地のクラフト・ビール(UZS 30,000)を頂きました。

夫は体調が完全ではないので、日本茶(UZS 55,000)を頂きました。

DSC_4670.jpg

お通しです。

DSC_4669.jpg

そしてお店からのサービス品、お肉のお寿司。

夫には食べなくていいですよと伝えましたが、興味が勝ったようで食していました。

美味しかったようです。

夫は何をオーダーするか迷っていたのですが、少しの間、ほとんど何も口にしていないので、わが家の病人食、鍋焼きうどん(UZS 130,000)を勧めました。

DSC_4673.jpg

結構ボリュームがあったので、食べれるだけでいいから頑張って食べてみようと提案しましたが、かなり美味しかったようで結局ペロリと平らげていました

夫はウズベキスタンに来てから、ほぼ初めての食事です。

食べてくれてかなり安心しました。

私は天ざる(UZS 350,000)をオーダーしました。

DSC_4672.jpg

DSC_4674.jpg

こちらもかなりのボリュームでした。

両者ともここまでのボリュームと思っていなかったので、餃子(UZS 95,000)も頼んでいました。

DSC_4675.jpg

ウズベキスタンもイスラム教の国です。

そのため、餃子は牛肉使用でした。

頑張りましたが、さすがにほとんど食べれなかったので、テイクアウトにしていただきました。

DSC_4676.jpg

お店サービスのデザート。

何だかすっかり元気になったっぽい夫は、どうしても抹茶アイス(UZS 40,000)が食べたいと言い出しました。

DSC_4677.jpg

こちらも美味しかったようです。

正直、あまり期待していなかった和食屋さんですが、何が何が!!

カタールよりも数段上を行くクオリティで、二人とも大満足でした。

6日目とお話は続きます。


【Furusato】
所在地:Building 6A, Ниёзбек Йўли 3-тор кўчаси, Тоshkent



電 話:+998 95-005-61-32

サイト(英・露語):
https://www.instagram.com/furusato_tashkent/?igshid=YmMyMTA2M2Y%3D

お 酒:あり

※サイトでご紹介した営業時間やメニューの内容・価格は訪問時点(写真撮影日)のものです。
 時間の経過とともに、変更の場合もありますので、予めご了承ください。



(写真撮影日:2023年5月19日)


※ウズベキスタン旅行記の過去記事はこちらからご覧いただけます。



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



ウズベキスタン




スポンサーサイト



ぶさかわ???

皆さんの中に、カタールにお住まいの方はいらっしゃいますか

諸事情により更新ができていなかったラマダンのネタを1つ・・・

ラマダン月にDaiso(ダイソー)にいらっしゃった方はいらっしゃいますか

ラマダン月にダイソーでカタールの民族衣装をまとった人形を見つけましたよ。

DSC_5730.jpg

カタールに住んでいたと言う思い出に1体購入しようかと思ったのですが、ダイソーにしてはのお値段。

電池を入れるところがあったので、音が鳴るのか、動くのかするのでしょう。

かなり迷ったので、一旦家に帰って考えようと思いました。

どう見ても可愛くないのと、かなりの数があったので、夫にも見せて意見を聞いてみようと思いました。

少し経って夫と一緒にダイソーに行くと、意外と結構な売れ筋だったのか、ほとんど残っていませんでした。

どう思うか夫に見せたところ、近くで見ると顔、ちょっと怖くない と言う意見、プラス、そこまで欲しいのかと問われるとそうでもなかったので、購入しませんでした。

ただ、電池を入れるとこれはどうなるのだろうかと最後まで気になっていたのですが・・・

どなたか購入された方はいらっしゃいますか



(写真撮影日:2024年3月13日)


ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



カタールのニュース 4/13~4/19気になったニュース

皆さんは、カタールにご興味がありますか

皆さんに、カタールのことをもっと知っていただこうと、毎週土曜日に、気になったニュースをお届けしています。

さて、独断と偏見で今週気になったニュースはこちら。


皆さんは、何か気になったニュースがありましたか



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



カタール ニュース


昨日のカタール・・・

皆さんの中に、カタールにお住まいの方はいらっしゃいますか

昨日、悪天候の注意が出ていました(過去の記事はこちら)。

カタールで雹 と非常に懐疑的でした。

夫の勤務先でもリモート・ワークの指示が出ていたので、夫と二人、本当に嵐が起こるのかと話していました。

しかし、お昼を過ぎると何だかルセイルの方角が怪しい雲行きになってきました

DSC_5795.jpg

これは一雨来るかしら・・・と思っていた矢先のことでした。



ゲリラ豪雨の様子はうまく撮れていないのですが、音は風の音です。

まず、バルコニーのドアが強風でなかなか開きませんでした

もう少し雨の様子を撮影と思ったのですが、ものすごい風と吹き降りですぐに室内に退散してしまいました

さすがに雹は降らなかったなと思っていたのですが、一部の地域で本当に雹が降ったようです



また、一昨日のことですが、水難事故でお亡くなりになられた方もいらっしゃったようです(参考サイトはこちら。英語)。

それもあってか、昨日内務省より海や沿岸に近づかないよう警告が出ていたのでしょう。

余談ですが、悪天候だったのはカタールだけではないようです(参考サイトはこちら。英語)。

164942.jpg
(※画像はGulf Timesより)

中東一の観光都市ドバイでは、洪水により空港が通常通り機能していなかったようです。

そして、オマーンでは洪水により亡くなられた方もいらっしゃるようです。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

カタールにお住まいの方で、票を観測された方はいらっしゃいますか


(写真・動画撮影日:2024年4月16日)



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ





注意!悪天候予想!!

皆さんの中に、カタールにお住まいの方はいらっしゃいますか

昨日、今月15日から17日にかけて大雨、そして雷を伴う雹が降る可能性があると言う気象警告が出ていました(参考サイトはこちら。英語)。

rain-chance-hail-expected-qatar-15-17-april-2024.jpg
(※画像は、I Love Qatarより)

カタールで雹 と思っていました。

そして申し訳ないですが、ほとんど当たらないと思っているカタールの天気予報。

あまり気には留めていませんでした。

しかし今日になって、教育・高等教育省が公・私立の学校の授業をリモートで行うよう通達しました(参考サイトはこちら。英語)

更には、政府機関もリモート・ワークに(参考サイトはこちら。英語)

そして内務省が、海や沿岸でのアクティビティをしないよう呼び掛けています(参考サイトはこちら。英語)



不要な外出は避けた方がいいかもしれませんね。

いやはや、今日のカタールはどうなるのでしょうか



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



カタール 注意

Menu

Entry

Trackback

Profile

Cardamom17
[author]
Cardamom17
[profile]
中東の国、カタールの首都ドーハに暮らす、"Cardamom(カルダモン)"です。

数多いブログの中から、 「砂の城」へお立寄りくださりありがとうございます。

「砂の城」では、ペルシア湾を臨むドーハの風景、イスラム教の国での生活の様子や旬な話題、 そして観光情報などを写真と共にお届け致します。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


2つのブログランキングに参加中です。
上記か、各記事内のバナーを 「1日一回クリック」にて、応援をよろしくお願い致します。