fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

ドーハで中東料理(Bayt El Talleh)

皆さんは、中東料理、お好きですか

何人かのお友達から勧められていて、行こう、行こうと思いつつ行けていなかったカタラ文化村にあるレバノン料理のお店に行って参りました。

Bayt El Talleh(بيت الـتلة)』というお店です。

「丘の家」という名にふさわしく、このお店は、North Hills Park(ノース・ヒルズ・パーク)(過去の記事はこちら)の頂上にありますよ。

ディナーに出かけたのですが、こちらのお店でのディナーは、一人QR 190のセット・メニューのみです。

この料金には、Cold Appetizers(冷たい前菜)、Hot Appetizers(温かい前菜)、メイン料理、デザートが含まれています。

飲み物は別料金ですし、メインにも選択肢はありません。


DSC_2233.jpg

DSC_2234.jpg

全てのお料理の写真が撮れていませんが、レストランのメニューを見ると、冷たい前菜は、ピクルス、オリーブ、フンムス、ムタバル、ファットゥーシュ、タブーリ、キシュク、ブドウの葉の包みもの、‘Hendbe Bel Zeit(読み方が不明です)’が出てきます。

温かい前菜は、スジュク入りブルグル、エビのファテ、ほうれん草のパイ、ファラフェル、肉入りマッシュド・ポテト、チキンのシャクシューカでした。

中東料理をあまり食べない夫は私は、スタンダードな、フンムス、ムタバル、タブーリ、ブドウの葉の包みもの、ファラフェルぐらいしか知りませんでしたが、一緒に行ったお友達(夫と同じ国の方たち)は、中東歴も長く、よく中東料理を食べたり、家で作ったりするようで、よくご存知でした。

DSC_2235.jpg

メインは、チキン、牛肉、羊肉のグリルと言った肉三昧。

一緒に行ったお友達の一人が、ベジタリアンだったので、ちょっと困りました。

選択肢の中から何かチョイスできると勝手に思っていたのです

付け合せにお野菜のグリルがついていたので、彼女には、お野菜のグリルだけサーブしてくれればいいのに・・・とちょっと残念でした。

DSC_2237.jpg

デザートは、これまた写真にすべておさまっていませんが、‘Ghazal Banat’、ラヤリ・ルブナン、クナーファ、フルーツの盛り合わせがでてきました。

DSC_2238.jpg

まだ夜でも暑いので、私たちは室内席に座りましたが、ここは景色がいいとの噂なので、もう少し涼しくなったらテラス席がお薦めでしょう。

価  格:¥¥¥¥
料  理:
サービス:

あまり中東料理を食べない夫と私にとっては、知らない中東料理もいただけるので、ありかなと思いました。

前菜の量が結構ありました。

私たちは4人で行ったので、ちょうどいいかと思いましたが、夫と二人で行っていたら、どうだったのかしらと思ったり。

着席した際に、メニュー説明があったのですが、その際に一人がベジタリアンだと伝えました。

前菜にお肉が含まれていて、取り除けれるもの(例えばマッシュド・ポテト)は肉ぬきで持ってきてくださいました。

贅沢は言えませんが、メインも野菜のグリルだけ持ったものを別に持ってきてくださっても・・・と思いましたが、それはなかったので、お友達の1人はメインなしとなってしまったのが残念です。

コロナ禍になってこれが3軒目に行ったレストランなのですが、唯一、隣のテーブルとの距離があったように思います。

ちなみに客層はカタール人が多かったです。


【Bayt El Talleh】
所在地:Katara, Doha


電 話:4408 1777
サイト:https://akh.com.qa/brands/bayt-el-talleh/(英語)
OPEN:9:00~11:30/12:30~23:00
    (※金曜は午後からのみ)
お 酒:なし

※サイトでご紹介した営業時間やメニューの内容・価格は訪問時点(写真撮影日)のものです。
 時間の経過とともに、変更の場合もありますので、予めご了承ください。


(写真撮影日:2021年9月10日)



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



カタール レストラン


スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。