fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

瑠璃色に輝く神話の国 キプロス旅行 3日目・迷走編

皆さんは、急なトラブル対応力があると思われますか

旅行のお話から少しそれるのですが、夫は少し浮世離れしているというか、ズバリ変わっています

まずはそう書かせていただき、キプロス旅行3日目のお話に入ります。

前日ホテルでまったりと過ごしたので、3日目は他の町に行ってみることにしました。

この日夫が計画をしていたのは、リマソール~クリオン~パフォスで、ビーチ・ホッピング(ビーチのはしご)をしながら、途中町や遺跡をみようというコースでした。

Cy-map-ja
(※画像はWikimedia Commonsより)

ラルナカを出発し、あと少しでリマソールかという時に、ナビに使っていた夫の携帯の画面が消えました

その旨を運転中の夫に伝えると、どこかボタンを勝手に押したのだろうと携帯を渡すように言われました。

脇道に駐車した夫に、どこも触っていないと伝えながら携帯を返したところ、どうも電池切れだと発覚

前夜に充電していなかったのかと聞いたところ、この時になって思い出したようで、前夜に私が疲れて先に眠ってしまったため、部屋の電気の切り方がわからず(それほどややこしいものではなかったです)、主電源となるカード・キーを抜いたそうです

確かに電気を切るということには成功しましたが、電源が断たれるので、充電もできていなかったということです。

普段家の車には車の中で充電できるケーブルを積んでいるのですが、レンタカーにつき、そして私にとって久しぶりの旅行につき、持参するのを失念していました。

土地勘のない地で、唯一の頼みの綱だった夫の携帯・・・

この手のトラブルは夫との旅行では頻繁に発生するので、長年の付き合いである私には取るに足らないトラブル。

ひとまず町の中心地、または途中にモールがあれば家電店で充電ケーブルを買おうと言う提案をしました。

いかにも郊外と言う町で唯一発見した携帯電話取扱い店。

そこで唯一あった充電ケーブルはなんと約4千円!

夫は高すぎると言い出し(この手のトラブルが多く家にはいくつもこの充電ケーブルがあります)、他の店に行ってみようということになりました。

結局そのエリアにはそのお店しかなかったようなので、適当に進み、もう少し人通りのありそうな場所に移動することにしました。

うまい具合にリマソールのマリーナに到着しました。

DSC_2289.jpg

ここも瑠璃色の海とコバルト・ブルーの空が広がっています。

この海に突き出た建物は、展望台なのかなと近づいてみると、レストランでした。

DSC_2290.jpg

ここでお昼を食べようかと思い、メニューをみましたが、いまひとつピンとこなかったので、今しばらく周辺を見てまわることにしました。

途中、マリーナらしいモニュメントを発見しました。

DSC_2293.jpg

このモニュメント付近に観光案内所のサインがあったので、立ち寄ることにしました。

そこの人が非常に親切で、お薦めレストラン、観光スポット等をご紹介下さり、地図も下さいました。

夫は付近の古代遺跡への行き方を聞いたのですが、その説明の途中でモールが出てきたので、私はそこで充電ケーブルを探そうと思いました。

その後充電ケーブルのことをすっかり忘れた夫は、お昼を観光案内所の人が薦めてくれたところで食べようと言い出しました。

ランチの様子はまた次回書きます。

ランチの後、せっかく来たのでリマソールの町を見ることにしました。

観光案内所の人に薦められたリマソール城は、少し入城時間が過ぎていたため、入城できず

DSC_2301.jpg

中は凄いのかもしれませんが、ヨーロッパ諸国で色々なお城を見て回った私にとっては、ちょっと拍子抜けな外観でした

キプロスは至るところになのですが、お城の前でもネコちゃんたちがのんびりしていました。

DSC_2302.jpg

個人的に色々と好きなものがあって、その1つが路地です。

ここでもかわいい路地を発見しました。

DSC_2303.jpg

DSC_2304.jpg

当然なのでしょうが、ここにもギリシャ正教の教会がありました。

DSC_2305.jpg

リマソールはワイナリーが点在しています。

ワイナリー訪問を・・・と目論んでいたのですが、まずは頼みの綱である夫の携帯の充電を何とかする必要があります。

この後地図にのっていた近くのモールへ向かいました。

カタールの巨大モールに慣れているので、何ともこじんまりしたモールに新鮮さを感じました。

唯一入っていた家電店でも、先のお店と同様の充電ケーブルしか販売されておらず。

夫はもう諦めてこれを買うと言っていたのですが、ここでピンときた私

モールの案内板で、フライング・タイガー・コペンハーゲン(デンマーク発の北欧のお安め雑貨店)を発見したので、そこへ行ってみることに。

フライング・タイガー・コペンハーゲンは、ヨーロッパに住んでいた時に、100円ショップがなかったのでその代用として利用していたチェーン店です。

予想通りここには約1,000円で充電ケーブルが販売されていました。

モールにはイヴ・ロシェ(フランスの庶民派ビューティー・ケア・ブランド店)があったので、お気に入りのボディー・クリームを購入することにしました。

しかしこのボディー・クリームが後々面倒の種となるのですが、そのお話はまたのちほど。

結局充電ケーブルは入手できたものの、陽は落ちて他の町に行くには微妙だったのでラルナカに引き返すことにしました。

旅行中、毎回1度は訪れる迷走日。
やはり今回の旅行でもやってきました

次回は3日目のランチのお話に続きます。


(写真撮影日:2021年10月11日)


※キプロス旅行記の過去記事はこちらからご覧いただけます。



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ





キプロス




スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。