fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

カタールのラマダンで勘弁して欲しいこと

皆さんの中に、イスラム圏にお住まいの方はいらっしゃいますか

イスラム圏にお住まいの方々は、ただいまラマダン月でしょう。

カタールでは今月2日からラマダン月に入りました。

こちらのブログに書いておりますが、イスラム教徒の方々は、ラマダン月の日中、断食を行っておられます。
※体調等により行っていない方もいらっしゃいます。

日没時のお祈り(مغرب。マグリブ)の後から、夜明け前のお祈りの時間(فجر。ファジュル)までは飲食が可能で、レストラン等ではこの時間帯に“إفطار(イフタール。Iftar)”と“سحور(スフール。Sohour)”が提供されています(過去の記事はこちら)。

どうもパール周辺のレストランは、午前1時半や2時ごろまでスフールを提供しているところが多いようで、毎晩2時前後になると暴走車両の爆音

2226712_s.jpg
(※画像はPhoto-ACより)

パールは一応夜の時間、バイクは進入禁止になっているのですが、そのようなルールはどこ吹く風で、数台が爆音を立てて徘徊しています

それに続けとばかりに、改造車なのか、スポーツカーなのか、爆発しそうな音を立てて、これまた徘徊

私は、階下にレストランがないViva Bahriyaに住んでいるので若干マシなのかもしれませんが、深夜に繰り広げられる迷惑な徘徊にうんざりです。

一応ご立派な法律はあるようですが、この徘徊者たちには適用外なのか、毎晩同じような音が鳴り響いております

普段だとあまりこのような事態が続くと警察車両が出動しているようなのですが、ラマダン月は無礼講なのでしょうか

パトカーのサイレンは耳にしません。

毎年、この徘徊者たちは日中、何もすることはないのかと疑問に思いますが、一体何をしている人たちなのでしょう



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



カタール ラマダン


スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。