fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

神秘と自然のワンダーランド オマーン旅行 2日目 ムトラ周辺観光編

皆さんの中に、オマーンを訪れたことのある方はいらっしゃいますか

ホテルのプライベート・ビーチとプールを堪能した後、夜は少し周辺を散策してみることにしました。

ホテルは、州庁やアラム宮殿等が断つオールド・マスカット(旧市街)付近に位置しています。

ムトラまで足を延ばそうと思っていたので、移動は車にしました。

ホテルの敷地を出て少しすると見えてきたのが、「オマーン国立博物館(المتحف الوطني。The National Museum)」。

DSC_2532.jpg

DSC_2534.jpg

夜につき、中には入れませんでした。

近代的な建物ですが、オマーンの歴史に関する展示があるとネットで見ていたので、中に入りたかったのですが、また別の日に・・・と結局訪問せずに帰ってきてしまいました

周りは州庁が建ち並んでいました。

DSC_2533.jpg

DSC_2537.jpg

何と、柱廊がありましたよ。

DSC_2536.jpg

オマーンに来て、空港を除けばこれが初めてのホテル外。

オマーン国立博物館周辺に来て気づいたのですが、オマーン人が普通に歩いているのです

日本にお住いの方は、「だから?!」と思われるでしょうが、カタールではショッピング・モール外ではあまり見かけない光景です。

話がそれますが、以前カタールのスーク周辺で、日中に知らない欧米人の人から、「ここは今、歩いてもいいのでしょうか?」と聞かれたことがあります。
あまりにも人がいないので、歩きまわってはいけない等のルールがあるのかと思われたとのこと。
単純にカタールの人たちはモール以外はあまり歩き回っていないこと、特に日中は人けがないことを伝えたことがあります。

反してオマーンの人たちは日中の暑い時でも多くはないですが普通に歩いてらっしゃるのを見かけました。

そう思うとこの柱廊は、日よけになるので歩く人には有意義なものなのでしょう。

柱廊を抜けると、「アラム宮殿(قصر العلم。Al Alam Palace)」が見えてきましたよ。

DSC_2535.jpg

アラム宮殿は、6つあるスルタン邸宅の1つで、200年以上の歴史があるそうです。

カーブース・ビン・サイード・アール=サイード前スルタンは、儀式用の宮殿として使用されてらっしゃったようです。

残念ながら中には入れません。

あまりにも素敵なのでもう少し近づいてみようと進んで行ったところ、見張りの警察官らしき人たちの影が見て取れました。

カタールの場合、大抵こういうのは即追い返されるので、きっとそうなるだろうと覚悟をきめ、しら~~~っと進んで行くと、「キレイでしょ?!!」と警察の方がフレンドリーに声をかけてきました

とても素敵ですねと返答したところ、特にお咎めもなく、普通にしてらっしゃったので、一応写真を撮っていいか聞いてみたところ、快諾。

ここでもオマーンの人は親切なのだと感じました。

DSC_2538.jpg

門には、「ハンジャル(خنجر。Khanjar)」をあしらったオマーンの国章がありました。

DSC_2539.jpg

ハンジャルは、三日月型の短剣で、オマーン滞在中、お土産物屋さん等でもよく目にしました。

DSC_2540.jpg

中はどのようなのだろうかと想像しながらアラム宮殿を眺めていました。

DSC_2541.jpg

アザーン(イスラム教における礼拝への呼び掛け)が聞こえたので、柱廊から覗いてみると、モスクがありました。

DSC_2542.jpg

この辺りには他にもいくつか博物館があるようなのですが、時間的に見学できないので、ムトラへ車で向かうことにしました。

ムトラ(مطرح。Muttrah。マトラと呼ばれたりもしているようです)は、オマーン最大のスルターン・カーブース港がある港湾地区で、オマーン最古のスークの1つであるムトラ・スークがあります。

港に面しているためか、ここにもコルニーシュがありました。

スーク近くは車がかなり混雑していおり、駐車場を探すのが困難だったので、コルニーシュ途中の駐車場に車を停めて、しばらくコルニーシュからムトラの夜景を眺めながら散歩しました。

ほどなくムトラ・スークに到着。

DSC_2544.jpg

DSC_2545.jpg

DSC_2546.jpg

いつも旅先で記念品を購入するのが、わが家の習わしになっているので、ここで何か記念の品を買おうと足を踏み入れたのはいいのですが、怒涛の客引きに耐えられず、そそくさと退散しました

当初の予定では、ここをまったりと散策しながら記念品を購入した後、夕食を取ろうと思っていました。

そそくさと退散したため、目的な何ひとつ達成できず・・・

ひとまずホテルへ帰ることにしました。

2日目のお話、もう少し続きます。


オマーン国立博物館



公式サイト(英・アラビア語):
https://www.nm.gov.om/en/home


アラム宮殿




ムトラ・スーク





(写真撮影日:2022年4月28日)


※オマーン旅行記の過去記事はこちらからご覧いただけます。



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ




オマーン





スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。