fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

文明の十字路でパニック ウズベキスタン旅行 ウズベキスタン概要編

皆さんの中に、ウズベキスタンを訪れたことのある方はいらっしゃいますか

聞いたことあるような、ないようなウズベキスタン。

成田から直行便があるので、行ったことがあるとおっしゃる方もちらほらいらっしゃるのでは

さて、ウズベキスタンは、どこにあるのでしょう



正式には、『ウズベキスタン共和国(Oʻzbekiston Respublikasi。Ўзбекистон Республикаси。Republic of Uzbekistan)』と言います。

ウズベキスタンは、中央アジアに位置し、北はカザフスタン、北東はキルギス、南東はタジキスタン、南はアフガニスタン、南西はトルクメニスタンがあります。

首都は、タシュケント(Toshkent。Тошкент)です。
歴史的なオアシス都市タシュケントは、ウズベキスタンの北東部に位置し、ウズベキスタン最大の都市です。

面積は約44万8,900km2で、日本の約1.2倍の大きさです。

文明の十字路」や、「シルクロードのオアシス」と讃えられるウズベキスタンは、アジアとヨーロッパを繋ぐ古代シルクロードの史跡やイスラム文化の歴史的建築物が魅力です。

DSC_4698.jpg

日本との時差は、日本の方が4時間進んでいます。
ちなみにカタールとも2時間の時差があります。

例えば、日本が午前8時だとすると、ウズベキスタンは同日午前4午前2時です。

残念ながらカタール・ドーハからウズベキスタンへは、直行便がありません。

反して日本からは、ウズベキスタン航空が成田より週に1便直行便が出しているようです。
※季節によっては運航していないと言う情報もあるので、ご注意ください。

カタールからは、ドバイ経由でウズベキスタンの首都、タシュケントまでアクセスできます。

日本人の人がウズベキスタンに30日以内の観光で行くには、ビザの事前取得は不要です。

ウズベキスタンの通貨はスム(UZS)です。
また、補助通貨としてティインが使われています。
100ティインが1スムとなります。

物価は、お安めです。

ウズベキスタンには、都市間は、鉄道、バス、タクシー、飛行機などの交通手段があります。

また、首都タシュケントにはバスやタクシーはもちろんですが、地下鉄も走っていますよ。

今回珍しく、私たちはレンタカーをせずに地下鉄とタクシー頼りの旅行となりました。

ウズベキスタンは、カタール同様、左ハンドルの右側走行ですよ。

公用語は、ウズベク語です。
旧ソビエト連邦国のためか、ロシア語も広く使用されています。
英語は、限られたホテル、レストランや観光地でしか通じません。
タクシーの運転手さんは一人として通じませんでした

電圧は、220Vです。

プラグは、Cタイプです。

日本からだと、変圧器とCタイプのアダプターが必要なので、ご注意くださいね。

最後になりましたが、治安は良い方だと思います。

ただし、外国なので、スリや置き引きといった最低限の注意は必要でしょう。

アゼルバイジャン同様、ウズベキスタンはイスラム教の国ですが、宗教色はさほど強くなく、町行く女性の服装もカタールとは違い、非常に自由でした。

さて、これからウズベキスタンの旅行記が始まります。
しばしおつきあいを。


<< National Uzbekistan Tourist Information Center>>(日本語、他多言語)
https://uzbekistan.travel/ja/



(写真撮影日:2023年5月20日)



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



ウズベキスタン




スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。