fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

カタールでのパレスチナ・イスラエル戦争事情

皆さんがお住まいの地域では、パレスチナ・イスラエル戦争の影響はありますか

_118597201_getty_shouting.jpg
(※画像はBBCより)

カタールに住んでいるとあまり強く感じないのですが、やはり中東の情勢は不安定だと痛感します。

Arabian peninsula
(※画像はGoogle Mapより)

未だ紛争が続いているアフガニスタン(アメリカとターリバーン勢力)、シリア(内戦)、イラク(アメリカとイラク)、イエメン(内戦)など、多くは中東で紛争が起きています

パレスチナ・イスラエル問題は根深く、日本でも色々と伝えられていると思うので、詳細はこちらでは割愛します。

今回はカタールでの事情についてお伝えいたしますね。

少し前に在カタール日本大使館から、メールが来ていました(こちら)。

そこには、カタール国内でも、米国大使館前、スーク・ワーキフ、コルニーシュ等で抗議デモが確認されており、安全確保に注意を払うようにとありました。

いずれの場所も私が住んでいる所からは少し距離があるのと、こちらのメジャーなメディア誌では何もそのことについて触れられていなかったので、本当なのかしらと思っていました。

しかし、普段全く見ないメディアを見てみると、大使館から注意喚起があったように、カタール国内の様々な場所で抗議デモが行われていました。







上記のデモについては触れられていませんが、カタールの大手メディア、アルジャジーラは、この戦争について、色々とアップデートはしているようです(参考サイトはこちら。英語)。

カタールは、イスラエルと国交がなく、基本、カタールからイスラエルへ渡航することはできません(抜け道があるので非カタール人の人は渡航している人もいます)。

また、イスラム教の国なので、上のデモしかり、ハマド派よりの人が多いです。

しかし、アメリカ軍の基地もあり、国としては、中間的な立場のようです。

そのため、米国人2人解放に際し、調停努力を果たしたようです(参考サイトはこちら。英語)。

この戦争関連で言えば、あまり関連がないように感じるのですが、毎年首都ドーハで行われているAjyal Film Festivalがパレスチナ情勢を考慮して中止となりました(参考サイトはこちら。英語)。

まだまだ様々な場所で紛争が起こる昨今。

一日も早く各紛争が収束することを願います。

これらの紛争で命を落とされた方たちのご冥福をお祈りいたします。

最後になりましたが、現状、カタールは表面的には平和で、個人的には普段通りの生活を送っています。



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



カタール ニュース


スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。