fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

文明の十字路でパニック ウズベキスタン旅行 2日目 昼食編

皆さんの中に、ウズベキスタンを訪れたことのある方はいらっしゃいますか

まったく進まないウズベキスタン旅行記

少しずつ書いていこうと思います。

病院から戻り、夫は元気とは言い難いものの、少し容体が落ち着いているようなのと、出発の前日から眠っていないこともあり、二人ともうつらうつらとし始めました。

私自身は容体が悪い訳でもないのと、夫も食べないといけないはずと思い、また、ドクターにも消化のいいものを食べてくださいと言っていたので、何か食べようと切り出しました。

ただ、万全ではないので、ホテルのレストランでルームサービスをしようと提案しました。

ただ・・・

どうもウズベキスタン料理は脂こってりのお料理が主なようで、ホテルのレストランのメニューを見た夫は、白ご飯だけ食べると言い出しました。

それもどうかと思いましたが、ドクターも脂物は控えてくださいと言っていたので、何も食べないよりはまだマシかと思い不承しました。

DSC_4637.jpg

私のランチは、"Pilaf Tashkent(タシュケント・プロフ)"。
UZS 50,000(約600円)でした。

プロフは、ウズベキスタンを代表するお料理です。

見た時はこれだけで足りるかしらと思いましたが、食べきれませんでした

結構脂っぽくてガッツリ系でした。

DSC_4636.jpg

向かって左横にあるのが、夫がオーダーした「ただの白米」だったはずが、なぜか要らぬ気を利かせて下さり、油と塩がしっかりとかかっており、夫は一口で断念していました

この日も皆目食べていない夫。

そして土地勘も、お部屋にキッチンもないので、どうしたものかと困り果ててしまった私。

心配をしながら、タシュケントの滞在2日目が過ぎていきました。

3日目にお話は続きます。


(写真撮影日:2023年5月16日)


※ウズベキスタン旅行記の過去記事はこちらからご覧いただけます。



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



ウズベキスタン




スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。