fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

Diwaliって何???

皆さんは、「Diwali(ディワリ)」をご存知ですか

ディワリは、ヒンデゥー教の新年を迎えるお祭りで、毎年秋に開催されているそうですよ。

カタールなのに、なぜインドのお祭りを紹介するのか

ご存知の方も多いと思いますが、カタールで一番人口比率が多いのはインドの方たちです。

多国籍なカタールならでは。

カタールでもディワリをお祝いするレストランがいくつかありますよ(参考サイトはこちら。英語)。

gettyimages-1065616904.jpg
(※画像はコスモポリタンより)

世界中で10億人を超える人々がお祝いする「 光の祭典 」とも呼ばれています。

ディワリの語源は、サンスクリット語で「光の列」を意味する、ディーパーバリー(depavali)に由来するそうですよ。

ディワリは、闇に対する光の勝利、無知に対する知識の勝利、悪に対する善の勝利を光とともに5日間お祝いします。


  • ディワリは、いつ

    ヒンデゥー暦に基づいて決められるため、年によって日にちが異なります。
    だいたい10月下旬~11月上旬の新月の日だそうです。
    今年は、11月12日(日)ですよ。


  • ディワリは、何をするの

    ディワリの過ごし方は地域や宗教によって異なりますが、以下が一般的な過ごし方のようです。

    • 1日目
      ディワリ初日は、「ダンテラス(Dhanteras)」と言い、今年は11月10日です。
      この日は、幸運を呼ぶために家の大掃除をします。
      また、金、銀、台所用品、洋服、家電などを購入します。

    • 2日目
      ディワリ2日目は、「チョティ・ディワリ(Choti Diwali)」と言い、今年は11月11日です。
      この日は、家を飾り、自家製のキャンドル「ディヤ」の準備をしたり、生花や色粉を使って「ランゴリ」と呼ばれる模様を床に描きます。

      ディヤは、素焼きの器にギーや植物油などのオイルを入れて火を灯すオイルランプのことです。
      闇に対する光の勝利の象徴とされるディヤは、ディワリの重要なアイテムですよ。

      ランゴリは、建物の入り口に描かれる幾何学的な線の模様のことで、カラフルな砂を使って描かれます。
      お花などの動植物、天体・宇宙をモチーフにして描かれることが多いようです。

    • 3日目
      ディワリ3日目は、お祭りのメインである「ディワリ(Diwali)」で、今年は11月12日です。
      この日は、前日に準備したディヤに火を灯し、美と富を司る女神ラクシュミーに祈りを捧げます。
      女神ラクシュミーにお祈りするため、寺院を訪れる人もいらっしゃれば、家族で集まり、神棚を囲んでお祈りする人と様々です。
      また、家族や友人とともにごちそうを食べたり、花火や爆竹を鳴らしたりもするようです。

    • 4日目
      ディワリ4日目は、「ヴィシュカルマ(Vishkarma)」と言い(地域によって異なる名前で呼ばれているようです)、今年は11月13日です。
      この日は、新年の始まりを祝い、親戚や友人と新年の挨拶を交わし、贈り物を交換します。

    • 5日目
      最終日のディワリ5日目は、「バイドゥージ(Bhai dooj)」と言い、今年は11月14日です。
      この日は、姉妹はお菓子を作り、兄弟の幸福と長寿を神に祈って作ったお菓子を振る舞います。
      お返しに、兄弟は姉妹に贈り物をします。
      兄弟姉妹の絆をお祝いする日だそうです、


    ディワリにまつわる神話って

    ディワリにまつわる物語は地域によって、いくつかのバージョンがあるそうなのですが、古代インドの大長編叙事詩、『ラーマーヤナ』にあるディワリにまつわる神話が有名なようです。

    この神話によると、インドの神々の中でも英雄とされるラーマ王子が、後継を巡って継母により、女神ラクシュミーの化身とされる妻のシーター妃と共にコーサラ国のアヨーディア城を14年間国を追われます。
    放浪中、魔王ラーヴァナの怒りをかい、シーター妃が囚われます。
    ラーヴァナとの戦いに打ち勝ったラーマ王子は、シーター妃を救出し、故郷アアヨーディア城に凱旋したことを祝う祭りが、ディワリです。


皆さんの中に、ディワリをお祝いされる方はいらっしゃいますか


<<参考サイト:コスモポリタン(日本語)>>
https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/lifestyle/a34625169/what-is-diwali/#link2


<<参考サイト:日経新聞(日本語)>>
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOLM310P30R31C22A0000000/


※サイトでご紹介したレストラン情報は、情報提供のみを目的としており、内容等に関する責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ



カタール イベント


スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。