fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

ハラハラ・ドキドキ☆ヨルダン旅行~6日目・ぺトラ観光編その1

皆さんは、ヨルダンと聞いて何を一番に想像されますか

死海(過去の記事はこちら)に並び、いえ、それ以上に想像されるのはヨルダンの世界遺産の1つでもある『ぺトラ(البتراء‎、Petra)』ではないでしょうか

ヨルダンに観光にいらっしゃった方たちが必ず訪れるスポットと言っても過言はないでしょう。

ぺトラをご紹介する前に、まずまたまたトラブル発生のご報告です

ぺトラに到着後、またまた仕事を明け方までしていた夫。
朝から体調が芳しくない様子でした。

しかしながら、当初の予定を変更し、ぺトラの観光を1日減らし、ワディ・ラム観光をも諦めた我々。
7日目にはもうヨルダンを出発することになっていたので、この日を逃すとぺトラの観光は次回、いつ来るかわからないヨルダン訪問時ということに。

幸いレンタカーしていたので、出発時間は自分たちのタイミングに合わせて。
しかしながら、観光できるのは1日しかないので、あまり遅くにホテルを出発する訳にもいきません。

前日にホテルでランチボックスを頼んでいた我々。
夫は直前まで休みたいということで、朝は私一人で朝食をいただきました。

私もとても楽しみにしていたぺトラ観光ですが、私以上に夫が一番楽しみにしていたスポットです。
私はまた来れるチャンスもあるだろうから、次回に持ち越せばと提案したのですが、行きたい気持ちが勝ったようで、出発すると言い出しました。

先にも書きましたが、レンタカーをしているので、最悪途中で切り上げてホテルに戻ろうということで出発することに決定しました。

体調不良の夫が心配で、荷物はすべて私が引き受けることにしました。

用意いただいたランチボックスが結構重くてびっくりしました。
さらに乾燥した地を行くので、お水も欠かせません。

それらをすべてデイ・パックに詰めたところ、夫は私が運ぶのは無理だと言い出しました。
しかし、体調不良の夫に負担をかけるのは良くないし、元来楽観的な私は、ドンドンと消費し、荷物は軽くなっていく傾向にあるから大丈夫だと引き受けました。

ぺトラのビジター・センターで入場券を購入し、いざぺトラ観光へ!

ぺトラの入口を入ってすぐに目に飛び込んで来たのが、変わった形の岩々です。

20180307_103745.jpg

こちらは、「Djinn Blocks(ジン・ブロックス」です。
精霊が宿ると言われているお墓だそうです。

そしてそのすぐ近くには、「Obelisk Tomb(オベリスクの墓)がありました。

20180307_104007.jpg

20180307_104554.jpg

大きな岩には洞穴のような箇所があり、人が出入りしていました。

そこを過ぎると、乗馬レーンのようなものがありました。

20180307_103526.jpg

写真にあるように、実際馬に乗って、シークの入口まで行く人もいました。
ビジター・センターで購入した入場券には、この乗馬体験の料金も含まれているそうです。

しかし、高額なチップの要求等、トラブルも多いとネットで読んでいたので、ここはベドウィンたちの執拗な誘いを断り続けて徒歩でシークの入口まで行くことにしました。

20180307_104604.jpg

こちらはシーク入口の少し前だったと思います。
川のような痕跡が見受けられましたが、実際そうなのかどうかは確認できていません。

ここから先はシークです。

シークは、狭い岩山の裂け目のことだそうです。
ここからは圧巻の岩々に囲まれた渓谷が続きました。

20180307_105123.jpg

20180307_105420.jpg

20180307_110208.jpg

本当にダイナミックな岩々が続き、息をのみました。
自然の凄さを感じます。

20180307_110509.jpg

20180307_110707.jpg

20180307_111106.jpg

20180307_111139.jpg

こんな狭い峡谷の中を場所が滑走していました。

こちらもベドウィンたちがマネージする馬車ですので、乗車の前には料金等の確認が必要でしょう。

20180307_111240.jpg

一見不毛なイメージの渓谷の岩々の中に竹がありました。
竹の生命力の強さに脱帽です。

20180307_111647.jpg

20180307_112300.jpg

20180307_112317.jpg

騎馬警察を時々目にしました。
※撮影許可を得ています。

20180307_112340.jpg

20180307_112532.jpg

迫力いっぱいのシークを抜けると・・・

長くなりましたので、続きは次回に。



<<参考サイト:ヨルダン観光局>>
http://jp.visitjordan.com/Wheretogo/Petra.aspx

<<参考サイト:ぺトラ観光局(英語)>>
http://www.visitpetra.jo/


【Petra】
所在地:Petra, Jordan
OPEN :6:00~18:00
    ※冬季は~16:00だそうです。
料 金:50 JD(1日券)
    ※12歳未満は無料
    ※大人、2日券(55 JD)、3日券(60 JD)あり


(写真撮影日:2018年3月7日)



2つのブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ 
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。