fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

カタールの不思議~お弁当が・・・

皆さんの中に、ご自身、旦那様、お子様、またはご家族すべての人にお弁当を作ってらっしゃる方はいらっしゃいますか

e772212e2880fffb5ee260f526c75c7c_s.jpg
(※イメージ画像はPhoto-ACより)

こちらのお友達や知り合いの方から伺ったびっくり話です

こちらで知り合ったお友達のお子様たちは、ほぼ全てインターナショナル・スクールにいらっしゃっているご家庭です。

日本の学校とは異なり、給食等は支給されないようです。

そうなると、お子様たちにお弁当を作ることを余儀なくされるお母様たち。

日本はお弁当文化の国でしょう。

日本のお母様たちが作られるお弁当は、やはり手が込んでいるようです。

日本人ではないお母様たちが作られるお弁当はシンプルなようで、ドド~ンと色々な食材が詰め込まれてたサラダだけであったり、シンプルなサンドイッチであったりすることが多いようです。

また、スーパーで購入してきたお惣菜をジップロックに詰替えて持ってこられるお子様もいらっしゃるようですよ。

お仕事をしてらっしゃるお母様たちもいらっしゃるでしょうし、ここまでは何も驚きを感じないお話でした。

しかし

なんと、お弁当にスナック菓子を持たせるご家庭も少なくないとか

学校によっては、お弁当の他に、おやつの時間もあって、おやつも併せて持ってくるように指示があるそうです。

すると、お弁当もスナック菓子、そしておやつにもスナック菓子のお子様もいらっしゃるそうで・・・

正直これにはかなり衝撃を受けました。

最初は、何とも手抜きのお母様だなと思いましたが、よくよく考えてみると、そうなのでしょうか

こちらのインターナショナル・スクールは、もちろん学校にもよりますが、かなり高額です。

そこそこのご家庭のお子様たちが通っていらっしゃるのでしょう。

と言うことは、住み込みのベビーシッターを雇っていらっしゃるご家庭も多いようです。

こちらに来て、本当によく見かける東南アジアからのベビーシッターさんたち。

もちろんそのベビーシッターさんたちは、お子様たちよりも年が上です。
しかしながら、立場はどうでしょうか

モールや、公園等で見かけるお子様たちとベビーシッターさんたち。

自分の子供なら、そのようなことはしてはいけないと一喝ですむようなことも、優しい声で、ダメですよ~と追いかけ回るベビーシッターさんたちをよく見かけます。

そのような状況下、お弁当は、お子様たちが自分の好きなものを持ってきているのではないのでしょうか

一時期、日本で「食育」と言う言葉をよく耳にしました。

スポーツをしよう、歩こう、健康に留意しようと、カタールではニュースでよく目にしますが(実際はどうなのでしょうか )、加えて食べ物に関する知識を持つということも推進した方がいいのではないかとよく思います。

最近は慣れましたが、こちらに来た当初、ホテルのレストラン等で、高級バッグを手にしたカタールの女子たちの食卓マナーにびっくりさせられました。

肥満率の高い、カタール。

問題は運動量の少なさだけではないなと感じるのは私だけでしょうか



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ 

カタール 不思議 お弁当 食育 スナック菓子 肥満


スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。