fc2ブログ

砂の城~ドーハでの生活

Entries

ニュース番外編~新型コロナウイルスについて~vol. 8

皆さんがお住まいの地域では、新型コロナウイルスの状況はいかがでしょうか

今月25日、外務省はカタールおよびイスラエル、バーレーンを、『感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航は止めてください)』に引き上げましたね(参考記事はこちら。日本語)

さらには、全世界に対しても、『感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航は止めてください)』を発令しました(参考記事はこちら。日本語)。

さらに今ですか・・・と問いたくなりますが、やっと()、水際対策をたてたようですね(参考記事はこちら。日本語)。

世界的に見ると(参考記事はこちら。日本語)、かなり出遅れた感があると思うのは私だけでしょうか

個人的に初動対応が遅れたなと思うのは日本だけではなく、アメリカやイギリスもそうなのではないでしょうか

アメリカは今や感染者数トップ。
さらには、1歳未満の赤ちゃん(持病あり)のCOVID-19感染による死亡も確認されたそうです(参考記事はこちら。英語)。

そしてイギリスでは、なんとチャールズ皇太子(参考記事はこちら。日本語)、そしてジョンソン首相および保健相もCOVID-19陽性に(参考記事はこちら。日本語)
一体何人の人と接触があったのでしょうか

前書きが長くなってしまいました。
次回からは他国の情報は≪続きを読む≫に書くようにしますね。

ここ、カタールでの状況は変化しつつあります。
つきましては、情報を少しアップデートさせていただきます。

まず、現時点でのカタールでの感染者数は590件です。

moph28032020.jpg
(※画像はMinistry of Public Healthより。参考記事はこちら。英語。)

まず、なんとカタールで初の死者が出ました

現状、カタールでの死亡者は、1名です。
死亡したのは、持病があった57歳のバングラデシュの男性です。
(参考記事はこちら。英語)
記事によると、3/16に感染が確認され、直ちに集中治療室での治療が行われていたとの事です。
しかし振り返ってみると(過去の記事はこちら)、確かに3/16に38名の感染者が発表されていますが、6名の患者が集中治療室に運ばれた(安定した状態)と発表されたのは3/19だったようですが・・・
その内の1人だったのでしょうか

感染者に関しては、前回の新型コロナウイルスの記事(過去の記事はこちら>)から96件増加しています。

増加の経緯は、以下の通りです。

  • 3/23発表  7名の感染者
    最近外国からカタールに帰国した人、外国人労働者、2名のカタール人だそうです。
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/24発表  25名の感染者
    内、16名は外国人労働者、残り9名は外国からカタールに帰国した人たちです。
    帰国者の内、5名はUKから帰国したカタール人だそうです。
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/25発表  11名の感染者
    はっきりとした数字の内訳は不明ですが、最近カタールに帰国した人、そして感染者と接触があった人たちだそうです。
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/26発表  12名の感染者
    内、3名は最近ヨーロッパから帰国したカタール人で、その他は不明です。
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/27発表  13名の感染者
    はっきりとした数字の内訳は不明ですが、最近カタールに帰国した人、そして感染者と接触があった人たちだそうです。
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/28発表  28名の感染者
    はっきりとした数字の内訳は不明ですが、最近カタールに帰国した人、そして感染者と接触があった人たちだそうです。
    (参考記事はこちら。英語)


また、回復している人たちもいます。
  • 3/23発表 4
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/24発表 4
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/26発表 2
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/28発表 2
    (参考記事はこちら。英語)


また、24日の記事(参考記事はこちら。英語)によると、1名が集中治療室に収容されたそうです。

そしてまだまだ絶えません、自宅隔離のカタール人違反者たち
前回、33名の違反者がいたとお伝えいたしました。
そして今回、22名の違反者が発生し、計、55名となっています
  • 3/24発表 2
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/25発表 10
    (参考記事はこちら。英語)

  • 3/28発表 10
    (参考記事はこちら。英語)


1週間前に隔離違反に関して、カタールはホットラインを設けました(参考記事はこちら。英語)。
何と、1週間にして5,500件以上の苦情が寄せられているそうです(参考記事はこちら。英語)

上の数字は氷山の一角かもしれませんね。
まず、一人として女性の名前が挙がったことがないのにも少し驚きを感じています。

カタールでの感染拡大を受けて、色々と対策が取られています(参考記事はこちら。英語)。

  • 感染症予防に関する法令の改正
    先週木曜日に新型コロナウイルスに対する危機管理最高委員会は記者会見を行い、以下のことを発表しました。
    感染者を診断した医者、保護者、大学、研究所、学校等の社長または代表者や、直属の上司は、感染が発生した場合、または業務遂行中に発生したと疑われた場合-および雇用者の場合感染が州内外で行われたかどうかにかかわらず、国外居住者の それらのいずれかがそれについて知っている時には直ちに報告する義務が生じました。
    隔離措置の徹底、集会の制限、違反者に対する罰則等も定められたそうです(詳細はこちら。英語)。

  • 警察の巡回
    集会に関して監視の目的で、内務省は警察による巡回を行うと発表しました。

  • 到着および訪問ビザの1ヶ月延長
    内務省は、到着および訪問ビザが期限切れとなった場合、内務省のウェブサイト、またはアプリ、Metrash2といったオンラインのシステムを利用し、1ヶ月期間月延長することができると発表しました。

  • 店舗の閉鎖や営業時間等の変更
    商工産業省は、一部の店舗の閉鎖(参考記事はこちら。英語)を決定し、それ以外の店舗に関しては午前6時から午後7時までの営業とすると発表しました。
    但し、通信サービス、薬局、工場、レストラン(テイク・アウトやデリバリーのみ)、食料品を販売するスーパー、ガソリンスタンド、eコマースの会社、デリバリー・サービスを提供する会社は対象外となるそうです(参考記事はこちら。英語)。
    また、外貨両替所も閉鎖となります。


そして、今日から行政開発・労働・社会問題省が行政サービス複合施設の訪問者の受け入れを停止するそうです(参考記事はこちら)。

我々が気になるところとしては、食料関連のことではないでしょうか

政府は食べ物のデリバリーに関して、衛生面の指導を徹底を指示しているようです(参考記事はこちら。英語)。

そして食品施設に関しても、検査等行っているようです(参考記事はこちら。英語)。
ある種これに関しては、今まで怖かったなと感じていますが

また、カタール系のスーパー、アル・メーラは12歳以下の子供の入店を禁止しました(参考記事はこちら。英語)。
これに関してはどのような理由の元なのか少し不思議です。

感染者の多い欧米では、基本、家族につき1名だけが買い物に出れる等の措置を取っているところが多い中、12歳以下の子供だけが入れないルールと言うのはなぜなのでしょうか

感染者が多く出ている、低賃金労働者たちが住む、インダストリアル・エリア。
そこに住む人の中には保険に加入していない人もいるそうです。
政府は保険未加入者に関しても検査や治療の負担を無料にする等の措置を取っているようです(参考記事はこちら。英語)。

驚いたことに、カタールでは感染者の多くは、20代から40代だそうです(参考記事はこちら。英語)。
日本では若者は大丈夫と言っていますが、必ずしもそうではないようですよ。

今私は一番懸念していることは、カタール航空。
カタール航空関連のお仕事をしてる人は本当に多いと思います。
また、パイロットはもちろん、キャビン・アテンダントに関しては大所帯です。

新型コロナウイルスの感染拡大で世界の航空各社が運航を大幅に縮小・休止する中、カタール航空は一部路線を増便しました(参考記事はこちら。日本語)。

カタール航空は1日に70都市以上、150便以上のフライトを飛ばしています。

カタール人を除き、カタールに入国する人はいないことになっていますが、カタール航空の乗務員はどうなのでしょうか


<<参考記事:WHO(英・中・仏・露・西・アラビア語)>>
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019


<<参考記事:カタール航空 COVID-19について(英語・アラビア語)>>
https://www.qatarairways.com/en/travel-alerts.html


<<カタール保険省ホットライン>>
16000



ブログランキングに参加しています。
ブログ継続の張り合いになりますので、大変お手数ですが、応援のクリックを、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ 

カタール ニュース 番外 新型コロナウイルス COVID-19



スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

Entry

Trackback